『お金がない…。』このピンチ、「家計簿」つけると変わるかも⁉

「なぜか給料日前は、お財布がさみしい…。」
「噂の節約術試してるのに、お金貯まらない!」
「コンサート行きたいけど、お金がない。
仕方ないから食費削ろうかな?」

なんでお金がないか理由がわからない

そんなこと思った経験、ありませんか?

では、なぜ、お金がなくなっているのか?

ずばり、

 

自分が何にどれくらい使っているか
把握できていないからです!

 

これを把握するのに、家計簿が必要なんです!

 

 

なぜ家計簿をつける必要があるのか?

 

「あれ?お金がない…⁉」

ではなぜ、お金がないのか?

このお金がない原因である、
「自分の収支(具体的に何に
どれだけお金をつかっているのか?)を把握!
そのために家計簿が必要なのです!

それを把握せずに、手当たり次第にネットなどで
見つけた節約とかやっても長続きもしません…。
自分に合わない節約術だと、やっててもイライラするだけ。
ストレスのせいで散財することもあります!

だからこそ、家計簿つけて、
自分の収支を把握が必要なんです。
まずは、家計簿で自分の生活・性格にあった
お金との付き合い方を見つけましょう!
節約術とかはそのあとでOK!

それに、将来の健康やお金が心配ということで、
保険の窓口相談などで、相談される方もいるかと思います。
でも「だいたい、いつも何にお金をつかっているか教えてください」
と言われ、ざっくりお金の遣い方を教えると
不安をあおって、保険の購入や投資しないかと迫ってきます。

断るにも、かなりの労力を費やしますし、
いいカモにされてしまいます。
なのでわたしはお勧めしません。

また、把握できていないからこそ、
お金がないわけじゃないのに
必要以上に「自分にはお金がない」と思い込み、
無意識のうちにストレスを感じてしまう方もいます。

余計なストレスをためないためにも
または将来のお金が不安なら、まず
家計簿つけて、何にどれだけお金をつかっているか
視覚化をしましょ!

 

 

アプリ?手書き?ズバリ!一番使いやすい家計簿とは⁉

私がオススメなのは、
スプレッドシートの家計簿です!

 

手書きや家計簿のアプリ等、
様々な形態がたくさんあるにも関わらず、
スプレッドシートなのか⁉

 

それはスプレッドシートこそ、
簡単にお金を管理できるからです!

例えば家計簿アプリのメリットとデメリットはこちら↓

【メリット】

  • レシートをパシャっと写メるだけで簡単入力
  • 使っている銀行の資産と連動

 

【デメリット】

  • あらかじめ決められた項目しか入力不可
  • 設定や機能が多すぎてつけるのが段々面倒
  • そもそも沢山ある家計簿アプリの中から選び、
    ダウンロードするところからハードがル高いっ!

 

つまり、色々考えたり、
手間や面倒だと思ってしまうと、
結局人はつけません…。
※使いこなせればもちろん便利だと思いますが!

 

確かに、スプレッドシートの家計簿は
入力方法が金額を手入力するしかないので、
そこは、デメリットかもしれませんね。

 

でも、このスプレッドシート家計簿には
デメリット以上にメリットがあります!

 

 

【スプレッドシート家計簿のメリット】

1 .スプレッドシートだからこそ、好きなように設定可能

自分自身のお金の使い方の把握・見直しするには、
自分でざっくり「項目」を設定し、視覚化をしましょう。

この「項目」を自分で区分することが重要です!
なぜなら、人によって必要な「項目」は違うからです。

例えば「食費」。

これ一つ取ったって、昼食と夕食は外食が多い方で、
いくら使っているか調べたいというのであれば、
「項目」を「昼食」「夕食」「その他食費」でわければいいですよね。

また、自炊とお弁当(もしくはお総菜)が多く、
時々外食をするようであれば、
「項目」を「食品」(※自炊用の食品)「お弁当」「外食」で
区分するようにすれば、どういう割合で自分が
「食費」にかけているかがわかります。

自分のお金の使い方、自分で項目分けて、
何にどれだけ使っているのか、
それを見直ししやすくするのに最適です!

 

2. いつでも簡単、外出先でもスマホさえあれば入力できる

気が付いた時、手が空いた時、
わざわざまとまった時間をとらなくても
収入があったその時、支出があった時、
どちらもすぐに記載すればOK!

もし、記載を忘れたら、遡れるところからつければいいし、
できなかったら、またそこから始めればOK!
徐々に継続できるようにしていけばいいんです!
そのやる気と行動が大事なんですから!

自分の好きなタイミングで、
スマホ一つで、
自分で好きに設定できる、
それがスプレッドシートの家計簿です!

そしてつけた後、家計簿を見直して
「今月はこの出費が無駄だった。」
「交際費がアップしたから、
洋服などを買うのはしばらく我慢しよう!」

また「光熱費は年間でどのくらいかかるのか」など、
月単位ではなく「1年間にどのくらいの費用がかかっているのか」と
年単位で家計をチェックできるのも家計を考えていく上で参考になります。

 

まずは家計簿つけましょう!

お金とは一生付き合わなければなりませんから、
いつ家計簿をつけ始めても、遅いなんてことはありません!

 

また、現在の延長上に将来があります。

将来が不安と言うのであれば、
なおさら、現状把握のために
家計簿つけましょう!
自分のお金は自分で管理が必要です!

お金を管理する=視覚化=家計簿です!

お金に振り回されるんじゃなくて、
家計簿つけてお金を管理し、
よりよい素敵な人生にしましょう!