『お金がない…。』このピンチ、「家計簿」つけると変わるかも⁉

「なぜか給料日前は、お財布がさみしい…。」
「噂の節約術試してるのに、お金貯まらない!」
「コンサート行きたいけど、お金がない。
仕方ないから食費削ろうかな?」

なんでお金がないか理由がわからない

そんなこと思った経験、ありませんか?

では、なぜ、お金がなくなっているのか?

ずばり、

 

自分が何にどれくらい使っているか
把握できていないからです!

 

これを把握するのに、家計簿が必要なんです。

 

 

なぜ家計簿をつける必要があるのか?

 

「あれ?お金がない…⁉」

ではなぜ、お金がないのかわからないかというと、

お金がない原因である
「自分の収支=
具体的に何に
どれだけ
お金をつかっているのか」
自分で把握してないからです。

つまり、お金が原因を知るためには、

自分の収支を把握する

→視覚化する必要がある

→家計簿つけるのが最適

 

 

「でも、家計簿つけなくても、
“節約”すればお金貯まるよね?」

そう思われるかもしれませんが、
自分の収支を把握せずに、
手当たり次第にネットなどで
見つけた節約方法を試しても
あまり効果がありません。

何故なら、

自分に合わない節約方法は、
やっててもイライラするだけだから。

つまり長続きしませんし、
イライラのせいで逆に散財することも。

だからこそ、
「お金がない」状態から脱却するためには、
まずは家計簿つけて
自分の収支を把握することが必要なんです。

そして、自分の生活・性格にあった
お金との付き合い方を見つけましょう。
お金を貯めるための節約術の実施はそれからです。

また、把握できていないからこそ、
お金がないわけじゃないのに
必要以上に「自分にはお金がない」と思い込み、
無意識のうちにストレスを感じてしまう方もいます。

つまり

  • 今現在のお金がない状態の脱却
  • お金の貯め方がわからない
  • 将来のお金が不安 etc.

上記のようなお金の不安を
解決するには、まず

現在自分が、何にどれだけお金を
つかっているかを
家計簿つけて視覚化する
必要があります!

 

 

アプリ?手書き?一番使いやすい家計簿とは⁉

私がオススメなのは、
スプレッドシートの家計簿です!

 

手書きや家計簿のアプリ等、
様々な形態がたくさんあるにも関わらず、
スプレッドシートなのか⁉

 

それはスプレッドシートこそ、
簡単にお金を管理できるからです!

例えば家計簿アプリの
ざっくりとしたメリットと
デメリットはこちら↓

 

【メリット】

  • レシートをパシャっと写メるだけで簡単入力
  • 使っている銀行の資産と連動

 

 

【デメリット】

  • あらかじめ決められた項目しか入力不可
  • 設定や機能が多すぎてつけるのが段々面倒
  • そもそも沢山ある家計簿アプリの中から選び、
    ダウンロードするところからハードルが高いっ!

上記のメリットとデメリットは
あくまで一例ですが、
現在、様々な家計簿アプリがあります。

慣れれば操作は簡単ですが、
まず慣れる前の段階の
「どのアプリがいいかな?」
「管理はどうなってるの?」
等など、悩むと結局やらないのが人間です。

それに、続かないのであれば、
意味がありませんよね。

スプレッドシートの家計簿は
家計簿アプリのメリットのように、
レシート写メでパシャっと入力とはいかず、
入力方法が金額を手入力なので、
そこは、デメリットかもしれません。

 

でも、このスプレッドシート家計簿には
デメリット以上にメリットがあります!

 

 

【スプレッドシート家計簿のメリット】

1 .スプレッドシートだからこそ、好きなように設定可能

まず、自分自身のお金の
使い方の把握・見直しするには、
自分自身で必要な「項目」を設定し、
視覚化しましょう。

この「項目」を自分で区分することが重要です。
なぜなら、人によって必要な
「項目」は違うからです。

例えば「食費」
これをA子さんとB子さんで
必要な項目を考えてみます。

A子さんは昼食と夕食は外食が多い方で、
「食費」としていくら使っているかを
調べたいというのであれば、

「項目」を「昼食」・「夕食」・「その他食費」

でわければOK。

また、B子さんは自炊と
お弁当(もしくはお総菜)が多く、
時々外食をするようであれば、

「項目」を「食品(※自炊用の食品)」
・「お弁当」・「外食」

で区分するようにすれば、どういう割合で自分が
「食費」にかけているかがわかります。

スプレッドシートの家計簿は
自分のお金の使い方あった項目を
自分で設定可能だから、

自分が何にどれだけ使っているのか、
簡単に把握可能なんです!

だからこそ、
今後のお金の遣い方を考える時に、
「自分の譲れないお金のかけどころはどこなのか?」
「この項目の支出、もっと減らせるんじゃないか?」
など考えやすいんです。

画像の「小カテゴリ」のところが自分で決める項目となります

 

2. いつでも簡単、外出先でもスマホさえあれば入力できる

  • 気が付いた時
  • 手が空いてる隙間時間
  • お給料や臨時収入などの収入があったその時
  • 自動販売機でジュース買った時
  • お洋服買ったなどの支出があった時 etc.

収入・支出のどちらもすぐに記載可能!
わざわざまとまった時間をとらなくても
スマホさえあればいつでもすぐに記載できます。

もし、記載を忘れたら、
遡れるところからつければいいし、
できなかったら、またそこから始めればOK!
徐々に継続できるようにしていけばいいんです!
そのやる気と行動が大事なんですから。
つけ忘れても自分を責めずに、淡々と。

別のシートにて「項目」を設定後、中カテゴリと小カテゴリを設定し金額、支払・受取相手、支払方法、備考を入力していきます

3.他にもこんなメリットがある!

スマホ一つあれば、
自分で自分に必要な「項目」を設定でき、
自分の好きな場所やタイミングで、
それがスプレッドシートの家計簿!

「Excelでもよくない?」と
思われるかもしれませんが、
スプレッドシートはGoogleアカウントさえあれば、
パソコンでもスマホでも無料で使えます!

スマホ画面は拡大して入力可能ですが、
もし「スマホの画面じゃ小さくてやりにくい」
というようであれば、パソコンでも入力も可能です。

それに紙媒体ではないので、一か所に入力すれば、
あとは自動で「項目」やひと月の収支の合計を
出してくれるので簡単に何にどれだけお金を
遣ったか把握できます。

そしてつけた後、家計簿を見てみると
「今月はこの出費が無駄だった。」
「交際費がアップしたから、
洋服などを買うのはしばらく我慢しよう!」
など、しっかり自分の支出を
把握することができます。

また「光熱費は年間でどのくらいかかるのか」など、
月単位ではなく
「1年間にどのくらいの費用がかかっているのか」と
年単位で家計をチェックできるのも
家計を考えていく上で参考になります。

 

まずは家計簿つけましょう!

お金とは一生付き合わなければなりません。
だから、いつ家計簿をつけ始めても
遅いなんてことはありません。

それに、現在の延長上に将来があります。

将来が不安と言うのであれば、
なおさら、現状把握のために
家計簿つけましょう。
自分のお金は自分で管理が必要です!

お金がない原因がわからない
→まず原因を探す
→そのためにはスプレッドシートの家計簿つける!

そして、スプレッドシートの家計簿を
自分のお金の遣い方にあった「項目」で設定し、
毎日つけましょ。

「お金がない」って嘆いているだけでは
何も変わりません。
現状を変えるには、自分で何かしら行動が必要です。
家計簿をつけることをお勧めします。

お金に振り回されるんじゃなくて、
家計簿つけてお金を管理し、
よりよい素敵な人生に!