クレジットカードの還元率とポイント付与率の違い

最近は2019年10月から導入される

『軽減税率』

クレジットカードや電子マネー等、
色々注目が集まってますね!

 

そこで、今回はクレジットカードに焦点を絞り、
クレジットカードを作成&使う上でポイントになる

還元率』と『ポイント付与率

この2つについて簡単に説明したいと思います!

 

この2つ、ややこしいんですよ…。
でも、この2つの違いを理解しておくことは大事です!

 

なぜ大事かっていうと、
これを理解しているかしていないかで、

  • クレジットカードのポイントの貯め方
  • クレジットカードのポイントでサービスを受ける際の還元率

で人によっては10倍くらい大きく損をしてしまうからです!
たったの2点だけかと思うかもしれませんが、
ここが大きいのです!

 

では早速ですが、2つの違いを確認しましょう!

還元率 1ポイントで何円相当に交換できるかを表す割合
ポイント付与率 いくらつかえば1ポイントもらえるかを表す割合

ざっくり言うと、ポイントを「使うとき」と「もらうとき」違いです。

 

ポイント付与率

還元率についてはよくカードを作る際に
よく言われていたりするので耳にすることが
多いと思いますが、「ポイント付与率」って
そもそも改めてこんな風に言わないのがほとんど(笑)

「カード利用額100円ごとに1ポイント差し上げます!」

みたいな感じで言われることが多いですね!

 

これを計算する場合の公式はこちら

ポイント付与率付与率(%) = ポイント数÷利用金額×100(%)

これで計算することができます!

 

例えば、、、
100円の利用額に対して1ポイントつくプログラムなら

1ポイント÷100円×100(%) = 1(%)

付与率は1%

 

また、1,000円の利用額に対して1ポイントつくプログラムなら、

1ポイント÷1,000円×100(%) = 0.1(%)

付与率は0.1%ということになります。

 

上記の例を見ると、圧倒的に100円で1ポイントつく方がお得に見えますね!
さらに、上記のポイント付与率のカードが

「毎月恒例、本日から3日間、ポイント3倍デー!」とか

そんなキャンペーンとかやってたら、
ポイントかなり貯まってお得かも‼ってなるんですけど、
でも、実は、付与率だけではポイントの実力は
全く図れないのです。

 

なぜなら、

大事なのは「還元率」なのです!

 

還元率

還元率というのはポイントを「使うとき」というのを
冒頭でお話しました。
ここではさらに詳しく見ていきたいと思います!

 

まず、還元率の公式です!

ポイント還元率還元率(%)=交換するギフト券等の額面÷(必要ポイント÷付与率)

ではなぜ、これが重要かというと、、、

 

ポイントをギフト券などと交換したり、
キャッシュバックしたりするのに、
クレジットカードによって10倍以上もの差があることがよくあるのです!Σ(゚Д゚)

 

では、上記の公式を使って、
1,000円の利用で1ポイントがもらえる付与率0.1%の
ポイントプログラムで計算してみましょう!

 

ポイント還元率計算例:1,000円で1ポイント獲得した
1,000ポイントで5,000円のギフト券と交換した場合

5,000円÷(1,000ポイント÷0.1%) = 0.5%

還元率は0.5%で、実質、カード利用額200円で1円分ということですね!

 

次に100円の利用で1ポイントがもらえる付与率1%のポイントが、
10,000ポイントで2,000円分のキャッシュバックできるとしたら、

2,000円÷(10,000ポイント÷1%) = 0.2%

還元率0.2%ということは、
つまり、カードの利用額500円で1円お得という計算になり、
前者のカードにお得度で負けてしまうのです!

 

まとめ

また、気を付けなければいけないのが、
クレジットカードで
同じポイントプログラムであっても、
交換先・交換する商品等によって
還元率が変わる場合も結構あります。

それに、ポイント還元率などは、
変更になることもあります。
いつまでもその還元率である保証はどこにもありません。
それは忘れないように!

自分が最もよく使うポイントの交換先は何なのか、
よく商品を購入するお店はどこなのか、
どれがベストなのか、この還元率をしっかりじっくり検討しましょう!